スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 観てきました!

もうここまでくると観ないとダメでしょう(笑)
ここ(映画館)に来ている人達は1章・2章と観てきている人なんだろうなあと、ちょっと親近感^^



↓      感想など書いてますが、     ↓
↓ ネタバレ含みますので、注意してください。 ↓
↓     続きを読むよりどうぞ       ↓




拍手する


観終わった感想としては、「ああ、もう終わっちゃたのかあ…」とかなり寂しい心境。
それも、あのエンドロール後のともだちとケンヂのやり取りがあったからでしょうか。

ケンヂが、もちろん自分の気持ちに決着をつけるためにでもあるけれど、過去をすべて思い出した以上、立ち向かっていくべきなのは自分だけだと、昔本当に自分がすべきだったことを実行にしに、例のボーナスステージで設けられた過去に行きます。
ああなっていれば、本当のともだちになれて、あんな世界を生み出さなかったはず。
現実では起こりえなかった話だけに切なかったです。

「ごめん」で済む問題ではなかったし、小学生ケンヂにはもうちょっと期待したかったのですが、過去の世界で行くべき場所、運命の分かれ道の要所要所を思い出せたのは良かったと思います。(恐るべき記憶力…!)
カンナとキリコの再会や、その後漫画家さんがどうなったとか、それぞれの運命の行方を描くよりもよっぽど良かったラストだったと思います。
(ともだちの小学生時代の子役が可愛かったり、神木くんではないか!という衝撃が鑑賞を邪魔してしまい、あまり知られていない子がよかったな…なんて。)

怖いもの知らずになっているゆる~いケンヂが出る度に和んでいました。(他の人物たちは危険過ぎて怖かったです;;)
個人的に嬉しかったのは、バンド復活、春波夫ことチャーリー再燃でしょうか。笑


最後、カンナとケンヂ再会シーン、この瞬間をどれほど待っていたか…泣
カンナがやっと、やっと、ケンヂに会え、ケンヂの胸で泣いた時は、この世界は本当に終わったんだと思えました。


映画が終わってさっそく皆さん議論を交わしておりました(笑)
確かに、どういう経緯・動機があってそうなっているのか分からない部分がちょこちょこありました。
真相に向かってくるほど、1章・2章での自分の記憶が頼りになってくるなとも感じました。
あと、友達同士でいくと、自分が気付かなかった所も指摘してくれるので、映画がより深まる気がしました^^

ともだちの替え玉は1・2・3章と通して3人いたってことでいいのかな?
1章…フクベエと転落した人(名前と顔が思い出せない;)
2章…パレードでオッチョと面会した人
3章…ロボットを操作していた人(ヨシツネ)

そしてオッチョが3章初めでヨシツネがともだちと疑っていたのは、替え玉ともだちのバッチと子どものころ万博バッチを持っていたヨシツネのイメージが重なったから。
(で、いいのかな?)
もうこうなったら誰が疑われてもおかしくないようになってますが、“ヨシツネおじちゃん”は特に好きだったので、もう会場から逃げ出したい気持ちでした。
未知の恐怖と隣り合わせのため、この映画は体に良くありませんねえ。笑


2時間半という短い中で壮大な年月と、複雑な人間関係が展開されていくので、ひとつひとつのシーンでの人物の心理描写は、俳優さんの演技力とBGM、そして観る側の想像力に託されているように思います。



こうなってくると、気になるのは漫画での展開。最後の描かれ方。
どこがどう違っているのか非常に気になります。
はやく地上波こないかな~(気が早い)♪




最後に、どうしてもこれだけは言っておきたいのです。
大泉さんがもうちょっと年が上だったら、ドンキー大人バージョン適役だったのでは、と。大泉洋 天然パーマ

おわり

テーマ : 20世紀少年
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle*Profile*sidetitle

夏ミトン

sidetitleちょっとひといきsidetitle
pixiv掲載絵

にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ  (’-’*)
sidetitle最近の記事+コメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleインフォメーションsidetitle
このブログはHPの一部です。
親サイト『夢見る羊飼い』はこちらからどうぞ。



ミトン絵日記にようこそ! ここのブログでは、主に世界名作劇場、ジブリ作品、懐かしの名作系アニメに関する記事を書いています。
race

sidetitleカレンダー&アーカイブsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleおともだちsidetitle

■ ブログ名:てろてろ雑記

■ ブログ名:そよ風の日記帳

■ ブログ名:D階段

■ ブログ名:世界名作劇場雑記

■ ブログ名:TETO日記
sidetitle絵日記の中を調べるsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。