スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ポルフィの長い旅42話『奪われた愛』(感想)

ついさきほど、ポルフィ#42を見終わりましたが、もう耐えられません…
今回も心苦しいまま終わってしましました。
というか本当に息苦しくなりました;;

ネタバレありです↓
拍手する


一言で言うと、酷すぎます。
ポルフィ各話に出てくる登場人物たちは、人生の試練を体験して頑張っているにも関わらず、厳しい現実にはばかられたり、あるいは罪を犯している人のほとんどが何の制裁もないまま次から次へと展開してしまって、辛い場面しかリアルに表現できてない気がします。
世の中にはいろんな人・辛いことがあるのは分かりますが、そればっかりじゃないよ!っていうメッセージもちゃんと表現してほしいです。
大人ばかりが見ているのではないので、子どもの目線からもちゃんと希望が持てるように優しい描き方をしてほしいものです。
次回予告で毎回期待を新たに兄妹を見届けねば、と思うのですが、あと10話耐えられるでしょうか…



モノより想い出と言いますが、モノだって人の心を慰めてくれたり、楽しませてくれたり、大切な宝物ですよね。
私はちょっとしたものでもすぐとっておきたくなる性質なので、こういう回は本当に人ごとじゃなくなります^^;
工具は盗まれ、写真破かれ、時計を蚤の市に売られ・・・想い出の品はことごとく奪われてしまいました。
残すはアポロのペンダントだけになってしまいました。
アポロ頑張れ!!笑
(もう観ている側の癒しはアポロの仕草とOP・EDだけですね





ここからは予想ですが、内容的におすすめできないので、見られる方は反転してくださいませ・・・
今観返したのですが、
予告でやたらアポロが映ってるんです。

DEATHのタロットカードを引いたイザベラ、紐が切れて落ちたアポロのペンダント、
兵隊?のような歩く男の足、空を飛ぶアポロ、そして何かを探し求めるポルフィ…
意味深なナレーションの言葉も気になります。
ちょっと今本当に鬱気味です。ABCの友の激戦並みに・・。次回は本当に観れないかもしれないです。
予想が当たらないことを祈ります。

テーマ : 世界名作劇場ポルフィの長い旅
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

色んなブログさんの感想レビュー

見てるだけでも耐えられません。HDDに録画してまだ見てないのですが
辛い場面が本当リアル過ぎで私も心苦しながら視聴してきましたが、もう
最後まで話を見る気が失せてしまいました。本当癒しのOPとEDはいい
曲なのに作品があれでは...。

ポルフィーの長い旅って。。。

ポルフィーってそういうアニメなんですね@@;
最初の2話を見てから次々と見逃してしまって、未だに2話止まりです。。。
世界名作劇場ってどんなに辛いことがあっても時々楽しい場面なども交えながら進んでいって、
最後はほんわか(?)ハッピーエンドで終わると思うのですが
今回のは子供が見れるような出来ではないんですね;

名犬ラッシーまでは欠かさず見ていたのですが、コゼットの回から時々しか見なくなってしまいました^^;

旅の行方

*亜紀さん*
お久しぶりです、亜紀さん^^*
亜紀さんもそう思われていましたか。
OPはこれまでの憂鬱な展開を一風してくれるかのようでワクワクし、EDはダ・カーポの歌声と歌詞に癒され、、でもモヤモヤした気持ちで観るとEDの良さが生かされないんですよね。どんな形で最終回を迎えるのか、いろんな意味でハラハラします^^;
そろそろアレッシアやザイミスなんかが出てくると観る気がUPするんですが(笑)
ネット上ではあまり良いレビューが見当たらないのですが、来期もこの名劇枠を潰さず続けてほしいものです。

*八葉抄さん*
八葉抄さん、ご無沙汰しておりますm(_ _)m
逆に2話の平穏な生活から進んでないほうが名作的にはいいのかもしれませんね^^;;
>楽しい場面
ですよね、主人公が楽しい!嬉しい!有難い!!などの『喜・楽』な部分よりも『怒・哀』のほうが目立ってますね。
人物たちの内面的なものが明確に表現されてなくて、演出や行動から潜在している心理を読み取る・・といった展開が多いですね。大人の事情や時代の風潮に翻弄されている人たちのそれぞれの問題がすっきりしないまま流れていっているので、旅との意味づけが微妙です;なので八葉抄さんが今ポルフィをご覧になると、きっと不自然さを感じられるかもしれないですね。
いったん観なくなると再開するのって難しいですよね^^;私も未だに未視聴のものがあります。

確かに・・

楽な回は何もなくてメッセージ性がなく、辛い回は厳しい場面を見せられるだけでやっぱりメッセージは届いてこないんですよね。
悪いことをすればペナルティが、努力すれば幸運が訪れる。当たり前すぎてもいい。それが許されるのが名劇なんだと思います。

今回の悲劇は想定の範囲内と言えるでしょう。大した事件もなくミーナと再会するのでは「感動」も大したものじゃなく感じてしまいそうですから。
しかし反転部分を拝見して、私ももう一度次回予告を見ました。
・・・こりゃ、やばいですね。

もしそうなら、ポルフィだけじゃなく視聴者が堪えられなくなりそうです。
また、そういう展開だとしたら、ミーナとの再会時期は予想以上に早くなりそうです。
そうじゃないと、本当に残り話数観るのが辛くなってしまいますから。

次回辺りから変わってきそうですね

*3chan.さん*
大人のゴタゴタが複雑ですし、経験知のあまりないポルフィ一人では解決するのが難しいせいか、ポルフィ自身もきちんと納得できてない気がします。『?』な疑問符を残したままだと、旅の途中のポルフィを事件(?)に巻き込ます意味が分かりませんね;
〉想定の範囲内
考えられることでしたが、怖くて考えるのを避けてました‐‐;一つくらい糧になれるようなものを手元に持っていてほしかったんですけど、仕方ないですね・・
〉次回予告
また再開の機会を逃した、という意味でのものであってほしいと切に願っています。
〉ミーナとの再会時期は予想以上に早くなりそうです
なるほど!ここまで悲劇が続くと、すぐにでも希望の兆しが見えないとポルフィ自身も厳しい状況に陥りますね。それとも、嬉しい出来事が舞い込んでくるとか・・。とりあえず、こんな辛い展開の後には良い事が起こる!と信じてみます^^;
sidetitle*Profile*sidetitle

夏ミトン

sidetitleちょっとひといきsidetitle
pixiv掲載絵

にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ  (’-’*)
sidetitle最近の記事+コメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleインフォメーションsidetitle
このブログはHPの一部です。
親サイト『夢見る羊飼い』はこちらからどうぞ。



ミトン絵日記にようこそ! ここのブログでは、主に世界名作劇場、ジブリ作品、懐かしの名作系アニメに関する記事を書いています。
race

sidetitleカレンダー&アーカイブsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleおともだちsidetitle

■ ブログ名:てろてろ雑記

■ ブログ名:そよ風の日記帳

■ ブログ名:D階段

■ ブログ名:世界名作劇場雑記

■ ブログ名:TETO日記
sidetitle絵日記の中を調べるsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。