スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ポルフィの長い旅43話『友よ』 (感想)

ネタバレ含みます。
続きを読むから、どうぞ。
拍手する


寂しいですね。

でもアポロの死は決して無駄ではなかったと思います。
ミーナが記憶を取り戻すきっかけとなりましたし、きっとアポロも、ポルフィを助けたい一心だったのでしょう、いままでにない鳴き声でしたね。


ああでもやっぱり、ミーナの肩に止まってミーナが「アポロ!」と喜ぶシーンを見たかったです。
ミーナとアポロ
(↑半年以上前に書いた未だ描きかけのもの。左にはアポロの予定です。早く完成させねば・・)
ミーナとアポロかきかけ


今回は、予想していたのがあまりにも辛い回だったので、小心者の私は裏番組のCMごとにチャンネル変えて観てました。
でもどのシーンもアポロが映ってたので安心して、終わったころを見計らって追いかけ再生を。
しかし、予告にはアポロはおらず、“ひとりぼっち”との言葉があったのに引っ掛りつつ・・・
そして最後の最後で起こってしまってたんですね・・



唯一の癒しだったアポロが次回からいないのです。
心にぽっかり穴があいてしまったよう。
と思っていたら、次回はなにやら嬉しい再会がありそう??
少しずつ少しずつ確実に前に進んでるポルフィ。
勇気ひとつをともにして。
                                  (byイカロス)

テーマ : 世界名作劇場ポルフィの長い旅
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

観ました!

時間があったので今回の回は見れました。
こうやって途中途中しか視聴できないのが悲しいです・・・。
他の番組を取ってるので録画ができないし(汗)

アポロ、亡くなってしまいましたね; あの猟師が腹立たしいです><。
『友よ』このタイトルからも何となく悲しげな感じが漂ってました・・・。
主人公と一緒にいる仲間が死ぬ話はティコくらいでしょうかね?あの時はかなり泣いちゃいました;
ミーナが持ってたアポロの形したペンダントはきっと虫の知らせだったのですね。
でも、アポロの死は無駄じゃなかったですよ!
次回はミーナと再会?みたいな予告でしたし^^
最終回?に向けて明るい話になってくれると良いですね。。。

追記です^^;

イラストのミーナ、とてもお上手ですね☆
本当にソックリです!
アポロを肩に乗せたところも見たいです^^*
ミーナに早く明るい笑顔を取り戻させてあげたいですね!

ご覧になりましたか!

*八葉抄さん *
おめでとうございます!(?)どうでしたか??
この辺りから、いままで平坦だった展開に変化が起こってきているので面白くなってきているのかな、、と思っているんですけど・・
>でも、アポロの死は無駄じゃなかったですよ!
私もそう思います。というか、もうそう思わないと耐えられない気がします;;
ミーナの手がかりが掴めていい流れになってきなたあと安心していて、DEATHカードの辺りはアポロとは関係のないものだと思ってましたが、あの音楽と暗闇の森が映った瞬間、覚悟しましたね;
>主人公と一緒にいる仲間が死ぬ話
フランダースの犬を含めないとすれば、あとは母をたずねて三千里のばあさまくらいでしょうか。今回の死は、予測できていた分落ち込み度はABCの友ほどではなかったものの、そうであってほしくないという期待のほうを裏切られた感じなので落胆しました・・
次回、髪からして女の子だと思うのですが、多分アレッシアじゃないかな、と予想です。ミーナとの再会を繋ぐ大事な回になりそうです^^
もう、落ちるところまで落ちてしまったので、後はどーんと盛り上がりそうですね。
旅が始まってポルフィ周辺に変化が起こったのは、最近のことなので、途中抜けていても次回から観やすいかもしれません。BIGLOBEでも配信していますので、またお暇な時にでもご覧になられてみてください^^*

私も追記を^^;
ミーナ絵へのコメントありがとうございます。
ポルフィ初期に描いたものでアポロの参考資料がほとんどなく、描く勇気がなくて放置状態です。
アポロとミーナの触れ合いが今後ないので、完成させたくなりました

あ、あと動物が死んでしまうのは家なき子レミもそうですね。改めて考えると、旅に同伴する動物のほとんどがこういう運命にありますね…。

ご無沙汰していますm(__)m

夏ミトンさん、ご無沙汰しています。
ミーナのイラスト、とても素敵ですね。
仰るとおり、本編でもアポロとの再会を見たかったと
しみじみ思わされました(;;
完成、楽しみにしています(^^

ポルフィは最終回に近いせいか怒涛の展開で見るのが
辛いというか、重い展開が続いていますね。
夏ミトンさんのここでの前話の書き込みを読んでいて、
僕らも覚悟はしていたのですが、あんなにあっけなく
アポロと別れることになってしまうなんて‥。
その後の別れの余韻のようなものも特に無かったのは
ポルフィにとってちょっと辛すぎる描き方過ぎないかなと
さえ思いました。
次回以降は希望の持てそうな展開ですから、ミーナとの
再会までを別の意味で泣かせてくれるよう、描き切って
欲しいですよね。

あと、拍手コメントありがとうございました。
りんも喜んでいました^^

P.S.
設置されたらくがきボード、試してみたのですが保存する
ことが出来ませんでした。
何か、登録しないと描き込めないのでしょうか?

お久しぶりです^^

*石神さん*
こんばんは、書き込みどうもありがとうございます!*
>イラスト
ありがとうございます、タブレットが動かなくなって未だ修理に出していないのですが、アポロのため早く完成させたいです。
主人公の喪失感や挫折は名作劇場ならではですが、次は雪のシーンなのに少し安心できそうな回です。アポロの傷を癒してくれるのはもう、懐かしい登場人物しかいません・・(泣)
本当にアポロは、嫌な空気が張り詰めてすぐの出来事でしたのであっという間でしたね。しかし両親の時もそうでしたが、死に姿を見せないというのは、いろんなことを想像してしまって余計に辛いです。
もうここまできたら、一直線であってほしいです。ようやく物語らしく旅と思えるような流れになってきてるので、仰るようにいい形で再会につなげて欲しいですね。
>拍手コメント
最近いろいろな場所でROMってばかりなので、少しばかりのお礼とご挨拶をさせていただきました。かわいいもの図鑑含め、お二人の幅広いご趣味をこれからも楽しませて下さいませ**

>らくがきボード
申し訳ありませんでした・・。こちらのミスです;;投稿保存されたものをこちらが許可しないと再生できないように設定してあったのを忘れていましたT□T;
今は保存すると再生されるようにしましたので、すぐにPlayで反映されると思います。
ちみちゃんを一度投稿して下さったのに、二度もお手間を取らせてしまってごめんなさい・・(でも可愛いちみちゃんを2パターン見られたので嬉しいです^^)
また宜しければ、お気軽に落書きしていってくださいませ~

今回の回は

ネタバレを先に拝見してから視聴しましたが、ストーリーや
流れるBGMにも辛い展開が漂ってましたね。喪失感と挫折
描写が本当リアル過ぎて...。来週はアレッシアとの再会話
やっと話の展開に光が。(ホッ)

本当に、

*亜紀さん*
まさかの展開ですよね。
動物の死はもう本当に痛々しくて辛いです。
アポロはオリジナルキャラ(違ってたらごめんなさい)ですし、アポロが登場した頃は絶対に想像しないことでした。
それにしても絶望のどん底につき落としてから再会させるとは、さすがスタッフ・・。
こうなってきたらポルフィでどんな展開があっても、「まあ、ポルフィだからね」と何でもありになってきてます(笑)
あとはザイミスとの再会も早く観たいですね。(あるかな?)

sidetitle*Profile*sidetitle

夏ミトン

sidetitleちょっとひといきsidetitle
pixiv掲載絵

にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ  (’-’*)
sidetitle最近の記事+コメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleインフォメーションsidetitle
このブログはHPの一部です。
親サイト『夢見る羊飼い』はこちらからどうぞ。



ミトン絵日記にようこそ! ここのブログでは、主に世界名作劇場、ジブリ作品、懐かしの名作系アニメに関する記事を書いています。
race

sidetitleカレンダー&アーカイブsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleおともだちsidetitle

■ ブログ名:てろてろ雑記

■ ブログ名:そよ風の日記帳

■ ブログ名:D階段

■ ブログ名:世界名作劇場雑記

■ ブログ名:TETO日記
sidetitle絵日記の中を調べるsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。